ドレスやジュエリーについて正しい知識を身に着ける

実際の選び方

座るドレス姿の女性

婚約指輪というと男性からのサプライズで渡されるイメージが多いと思います。ですが実際には二人で一緒にショップへ行き、相談しながら選ぶケースが多いようです。購入の際には注意するべきことがあります。 まずはサイズをきちんと合わせることです。指輪はデザインやショップによって若干の大きさが違います。加えて人の指もむくみなどによって、一日のうちでもサイズの変動が起こります。そのため試着は必ずした方が良いでしょう。また、長い年月のことを考えて、サイズ直しやアフターケアをきちんとしてくれるショップを選びましょう。 それから指輪の質をきっちりとみることも大切です。婚約指輪にはダイヤモンド等の石がついていますが、純度やカットによって値段が変わります。本当に値段に見合った価値なのか、信頼できる鑑定書は付いているか、よく注意して検討してください。

本来婚約指輪はプロポーズされてから結婚するまでの間、婚約の証として身につけるものでした。ですが近年では結婚指輪と合わせて普段使いにできるデザインが人気となっています。宝石もダイヤモンドが主流ながら、ルビーなど色がついた石も選ぶことができるようです。 貴金属素材の部分も大多数はプラチナが選ばれていますが、近年ではホワイトゴールドやピンクゴールドの人気も高まっています。ダブルと呼ばれるゴールドとプラチナの混ざったものもあり、いずれも傷の付きづらい丈夫な土台となっています。 結婚した後、結婚指輪のみで婚約指輪はつけないと言う場合には、婚約時計を選ぶカップルも増えているようです。大切な思い出の品を、上手に日常に取り入れていくことが理想ですね。